交通事故

交通事故問題を弁護士に依頼するメリット

交通事故により心身共にダメージを受けた状態で、加害者側の保険会社と損害賠償の交渉を行ったり、事故後の手続きを行ったりするのはかなりの負担です。ですので、そうしたことは「法律のプロ」である弁護士に一任し、心身の回復に専念されるようにしてください。
また、「交通事故対応のプロ」である保険会社にお一人で交渉にあたった場合、適正な金額よりも低い金額で示談させられてしまったり、不利な過失割合を認めさせられてしまったり、適正な後遺障害の等級を獲得できなかったりする可能性があります。そうした事態を避けるためにも、交通事故に遭われた時には弁護士に依頼することをおすすめします。

こんなことでお悩みではありませんか?

  • 交通事故後の手続きがわからない
  • 提示された示談金に納得がいかない
  • 過失割合、後遺障害の等級に納得がいかない
  • 自分の考えを保険会社側に伝えることができない

交通事故発生後の注意点

事故発生直後の注意点

加害者の氏名、住所、電話番号、車のナンバー、任意保険加入の有無などを確認してください。併せて、加害者が勤務中の事故であるかどうかも確認してください。勤務中の事故であれば、加害者に資力がない場合にも、勤務先の会社に使用者責任を追及できる可能性があります。そのほか、「事故状況の客観的な証拠の確保」「目撃者の氏名、連絡先の確認」なども行うようにしてください。

治療を受ける際の注意点

交通事故に遭われた時には、必ず医療機関で治療を受けるようにしてください。またその際には、必ず医師に自覚症状を漏れなく伝えるようにしてください。そうしないと、後日、事故と症状の因果関係を立証することが難しくなり、適正な後遺障害の等級が獲得できなくなる可能性があります。

症状固定の際の注意点

症状固定とは、治療を継続しても症状改善などの効果が期待できない状態のことを言います。症状固定後は、原則として治療費や休業損害などが支払われなくなりますので、症状固定の時期の決定の際には、慎重に検討するようにしてください。なお、被害者側の保険会社は低い賠償額で示談しようとすることから、症状固定の時期を早めようとするのが一般的です。

後遺障害の等級申請の際の注意点

自賠責保険による後遺障害の等級認定は、医師が被害者と面談した上で判断するのではなく、書面により審査されます。ですので、適正な後遺障害の等級を獲得するためには、事故後から症状固定までの通院状況や、診断書の記載内容、後遺障害診断書の記載内容などが重要となります。もし、認定された後遺障害の等級に不満がある場合には、自賠責保険に対して異議申立てを行う必要があります。

交通事故発生から問題解決までの流れ

1相談

交通事故時の状況や、ご相談者様の怪我の程度などをお伺いし、どの程度の賠償額が適正かどうか、今後の示談交渉の進め方も含めてご説明します。

2委任契約

当事務所と委任契約を締結頂いた後に、加害者側の保険会社に賠償請求を行います。

3事件処理

示談交渉が難航している場合には、訴訟手続きを行い、裁判により問題解決をはかることもあります。

4問題解決

加害者側の保険会社との間で示談が成立、または裁判所にて和解・判決が出れば問題解決となります。

ご不明点・お悩みは、まずお電話ください。

TEL:075-251-7266 メールでのお問い合わせ