債務整理

豊富な法知識と客観的な視点により、最善の解決方法をご提案します

多重債務でお悩みの方の多くが、収入と支出のバランスがとれていない状態に陥っています。つまり、「自分の収入で、どれくらい返すことができるのか?」そうした判断がつかなくなってしまっているわけなのです。こうした状態では、いくらご自分で問題解決をはかろうとしても、かえって事態を深刻化させてしまう可能性があります。ですので、お一人で悩まずに、すぐに弁護士に相談するようにしてください。豊富な法知識と客観的な視点により、最善の解決方法をご提案します。

こんなことでお悩みではありませんか?

  • いくら返済しても、借金が減らない
  • 借入先から頻繁に督促電話がかかってくる
  • 住宅ローン以外の借金を整理したい
  • 自己破産せずに借金を整理したい
  • 家族や職場に知られずに、借金を整理したい

債務整理の方法

任意整理

裁判所を通さずに、弁護士が貸金業者などと直接交渉する方法です。収入の範囲内で無理のない返済方法を提案し、3~5年程度の分割払いで借金完済を目指します。

メリット

  • 債権者からの取り立てを止めることができる
  • 自宅や車などの財産を保有し続けることができる
  • 分割払いの間、利息が減額される
  • 借金の総額が減少することがある

デメリット

  • 債権者の同意が必要
  • 5~7年間は新たな借り入れができない

自己破産

預貯金、自宅、車などの財産を借金返済のために提供し、残りの借金の支払い義務を免責してもらう方法です。なお、評価額が20万円以下の財産については、提供する必要はありません。また、預貯金や家財道具を含めて、総額99万円までの財産については残しておくことができます。

メリット

  • 免責が認められれば、借金がすべてなくなる
  • 自己破産後に得た収入は、すべて自分のものになる
  • 給与などの差し押さえがなくなる

デメリット

  • 預貯金、自宅、車などの財産を手放さなければいけない
  • ギャンブルや浪費などにより負った借金については、免責が認められないことがある

民事再生

収入や財産の内容に応じた金額にまで減額された借金を、原則3年、最長5年の間に分割で返済する方法です。それ以外の借金については、支払い義務が免責されます。ただし、個人再生の申立てが可能なのは、サラリーマンや自営業、年金生活者など継続して一定の収入が得られる方に限られ、さらに住宅ローンを除く借金の総額が5000万円以下の方に限られます。

メリット

  • 自宅を残したまま、借金を整理することができる
  • 債権者の同意がなくても、借金を減額することができる
  • ギャンブルや浪費などにより負った借金でも、手続きすることができる

デメリット

  • 支払いが滞ると、自己破産に移行される場合がある
  • 5~7年間は新たな借り入れができない

過払い金

過払い金とは、貸金業者が「元本の金額に応じて年15%、18%、20%の利率で計算した金額まで」と定めた利息制限法の上限を超えて取り続けていた利息のことを言います。この過払い金は、弁護士に依頼することで取り戻すことができる場合がありますので、過去に借り入れしたことがある方、また現在借り入れ中の方もお気軽に当事務所までご相談ください。

ご不明点・お悩みは、まずお電話ください。

TEL:075-251-7266 メールでのお問い合わせ