Kawa-Law通信

2015.08.01更新

 ちょっと早起きして、先日全通した京都縦貫道を西へ。
 福知山まで、鮎を買いに行って来た。
 綾部、福知山を流れて、若狭湾に注ぐ由良川には、鮎漁をする川漁師がいる。
 由良川漁業協同組合の事務所に行けば、漁協が漁師や釣り人から買い取った鮎が、生け簀に泳いでいる。http://yuragawa.org/index.html
 ここ数年、水害や事故など暗いニュースが続いた由良川だが、今年の釣果は良好らしい。
 20センチを超える大物を選んで氷で絞めてもらい、持ち帰る。
 自己流ながら串を打ち、炭を熾して、待つこと30分。頭から尻尾まで、盛夏の味を堪能した。

投稿者: 川口法律事務所

TEL:075-251-7266 メールでのお問い合わせ