Kawa-Law通信

2019.01.07更新

 新年の業務が始まりました。

  降る雪や明治は遠くなりにけり

 平成最後の新年を迎えるに当たって、ふと、この句が浮かびました。
 この句の作者は、中村草田男(明治34年(1901年)~昭和58年(1983年))、近代俳句の創始者である正岡子規の故郷、愛媛県松山の出身です。
 私と同世代の方は、中学生の時の国語の教科書には、この人の
萬緑(ばんりょく)の中や吾子の歯生え初むる」という、まことに生命感あふれる句が載っていたのを憶えておられるかも知れません。

 草田男がこの句を詠んだ昭和6年(1931年)とは、どのような時代だったのでしょうか。
 この年、日本の細菌学の父として知られ、慶應義塾大学医学部を創設した北里柴三郎や、日本資本主義の黎明期に多種多様な企業の設立に関わった、実業家の渋沢栄一が亡くなっています。
 ちなみに、小説「坂の上の雲」の主人公で子規と同郷の秋山兄弟の兄・好古も、昭和5年に世を去っています。
 近代日本の先駆けとなった偉人達が世を去り、「大正」の一つ前の「明治」という時代が、まさに歴史の片隅に押しやられようとしている、そのような時代の空気が伝わってくる気がします。

 同じく、昭和6年9月18日、奉天の郊外の柳条湖で、関東軍が南満州鉄道の線路を爆破し、中国軍との戦端を開きました。満州事変の始まりです。12月には、軍部との対立により、「事変不拡大」の方針を掲げる若槻礼次郎内閣が総辞職、後任の首相となった犬養毅は、翌昭和7年、五・一五事件の凶弾に斃れます。「話せばわかる」、「問答無用」のやりとりは、戦前の政党政治の終焉を告げる言葉として、余りにも有名です。
 明治が終わってから20年目、草田男が「明治は遠くなりにけり」と詠じたすぐ後には、「昭和」の日本は、無条件降伏への長い道程を辿り始めていたのでした。

 昨年も、西日本豪雨(平成30年7月豪雨)や北海道胆振東部地震といった災害がありました。我々が「平成」を語るとき、災害の記憶は切り離すことができません。
 ただ、それよりも大切なことは、「平成」は明治以降初めて、我が国が海外で戦争をしなかった時代だということです。
 我々が生き、我々の父母、祖父母が戦争の体験とともに生き抜いてきた「昭和」が歴史の片隅へと押しやられつつある今、「問答無用」の輩が再び台頭することにならぬよう、「平成」の次の時代が長く平和であることを心から祈念し、年頭のごあいさつといたします。

 

投稿者: 川口法律事務所

2018.12.29更新

 平成最後の年末が、慌ただしく過ぎていきます。
 当事務所は本日をもって年内の業務を終了いたします。

 今年も1年間、皆様方にご支持をいただきながら、様々の業務に取り組むことができました。
 心から深く感謝申し上げます。

 新年は、1月7日(月)より業務を開始いたします。
 皆様のご健康とご無事をお祈り申し上げます。

 

投稿者: 川口法律事務所

2018.08.10更新

 当事務所は、8月16日(木)までお休みをいただきます。
 ご不便をお掛けいたしますが、お問い合わせは、
【夜間・土日専用コール】
 050-3708-7266
にて承りますので、ご利用ください。


 

投稿者: 川口法律事務所

2018.01.06更新

 年明け、少々長いお休みをいただいております。

 

 二十数年ぶりの株高、京都市中心部は空前の不動産ブームに湧く一方、地方では放置空家や所有者不明土地の問題等が顕在化しています。日々の業務の中でも、相続が関係する案件が増えてきました。

 日本が本格的な人口減少社会に突入しつつある中、法的サービスの分野でも再び都市集中の傾向が強まってくるかも知れませんが、人に寄り添い、フットワークを軽くして、業務の充実に取り組みたいと存じます。


 皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

 

投稿者: 川口法律事務所

2017.12.30更新

 今年も1年間、皆様方にご支持をいただきながら、様々の業務に取り組むことができました。
 心から深く感謝申し上げます。

 

 司法修習を終えて就職した事務所の恩師である古家野泰也弁護士と、勤務弁護士(イソ弁)時代からお世話になった尾崎高司弁護士が、相次いで逝去されました。

 若き日の出会いから弁護士として過ごしてきた歳月を振り返れば、感謝の思いは尽きません。

 一抹の寂しさを感じつつ、一献傾ける年の暮れです。

 

 新年は、1月9日(火)より業務を開始いたします。

 皆様のご健康とご無事をお祈り申し上げます。

 

投稿者: 川口法律事務所

2017.04.04更新

 年度末の3月31日、ようやく京都にも桜(ソメイヨシノ)の開花宣言が出た。平年より3日遅く、昨年より8日遅いのだそうだ。

 早咲きで知られる烏丸下立売角の旧有栖川邸のシダレザクラも、ようやく色づいて五分咲きといったところ。

 今朝、信号待ちの車窓から撮った一枚。

http://www.kawa-law.com/asset/IMG_1650-2.jpg 

 

投稿者: 川口法律事務所

2017.01.03更新

 諸事情ありまして、少々落ち着かない新年を迎えております。

 

 昨年来、業務の構成が大幅に変化しつつあります。長年、「(なるべく)裁判所に行かない弁護士」を標榜していたのですが、複雑な相続や家事関係の業務が増えたことに加えて、白黒付けなければ決着しない「対決」型の案件などもあって、裁判所に出向く機会が増え、日中の時間のやりくりが難しくなってきています。

 法律相談の分野では、ここ数年来の新興勢力の台頭が一巡し、ネットに溢れる情報よりも、ある程度の時間をかけてでも、確かな見解を求めたいという方向に回帰してきたようです。より深い知識や経験が問われる場面が増えていることを実感しています。引き続き研鑽に努め、業務の充実に取り組む所存です。

 

 年頭に当たり、皆様のご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。

 

投稿者: 川口法律事務所

2016.12.29更新

 当事務所は、本日で業務を終了いたします。

 今年も、皆さまのご支持、ご支援をもって、多様な業務に取り組むことができましたことを、感謝申し上げます。

 

 71年目の鎮魂、25年ぶりの悲願、HIROSHIMAの祈りに共感した一年。マジック点灯からリーグ優勝、日本シリーズへと、出張のたびに変わりゆく広島の街の表情を、微笑ましい気持ちで垣間見てきました。

 

広島駅コンコース

 新年は、1月10日(火)より業務を開始いたします。

 来年もよろしくお願い申し上げます。

 

投稿者: 川口法律事務所

2016.08.15更新

 映画「日本のいちばん長い日」(2015年・松竹)を地上波で見ました。

 昭和天皇と美空ひばり、今上陛下とSMAP。

 様々な時代の節目に思いを馳せながら、戦後71回目の夏が過ぎていきます。

 

投稿者: 川口法律事務所

2016.07.08更新

 選挙終盤、各紙が「改憲4党が3分の2に迫る」との報道を流している。

http://www.asahi.com/articles/ASJ7673DFJ76UZPS00F.html

 一方、EU離脱ショックに揺れるイギリスでは、国民投票の再実施を求める請願への署名者が400万人を超えたとか。
http://www.asahi.com/articles/ASJ6Z51V4J6ZUHBI017.html
 国民の相当数がそういう声を上げるのには、それなりの止むに止まれぬ事情があるのだろうが、一度投票で決まったことをその直後にもう一度やり直してくれというのには、さすがに違和感を感じざるを得ない。

 

 ところで、この国民投票、投票率は72.1%だったそうである。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM24H3D_U6A620C1000000/
 国論を2分したかのように見受けられるこの国民投票でさえ、有権者の10人に3人は投票に行っていないのである。

 翻って、2013年の参議院議員選挙の投票率は52.61%、2014年の衆議院議員選挙の投票率は、52.66%と、
http://www.soumu.go.jp/main_content/000255919.pdf
有権者の半数は投票に行っていないのである。

 

 衆議院は既に、自公勢力が3分の2を占める。今回の選挙で改憲4党が3分の2を占めれば、憲法改正の発議が可能となる。
 想像して欲しい。「その時」、我々はどんな思いをもって今回の選挙を振り返ることになるだろうか。

 

 British(英国)とRegret(後悔)を組み合わせた「Bregret(ブリグレット)」という造語が登場しているそうだが、我が日本には古来より、「後悔先に立たず」という諺があるのは、誰もが知るとおりだ。

 後悔するより投票に行こう!
 これが、地球の反対側から見たEU離脱騒動の最大の教訓である。

投稿者: 川口法律事務所

前へ
TEL:075-251-7266 メールでのお問い合わせ