Kawa-Law通信

2017.10.04更新

 ホームページを開設し、時折ブログを書くようになって5年以上・・・。
 おかげさまで、日々お問い合わせの電話やメールをいただき、毎週3、4人の方とお目にかかって、様々なご相談をうかがっています。ただ、時々困るのは、今かけているこの電話で、質問に答えてくれないかというご要望です。

 申し訳ありませんが、次のような理由で、お電話だけでのご相談には対応しておりません

(1) 昼間は業務が立て込んでおり、じゅうぶんな時間をお取りすることができません。
 
何かの仕事の合間に電話を受けることにならざるを得ないからです。そのことが、新規のご相談は夜間か土日にとお願いしている理由の一つでもあります。

(2) 書類等を確認しなければ、わからないことがあります。
 
それでも、何かの前提を設けなければ回答ができないので、わからない部分は想像で補ったりしながらお答えするしかありません。その結果、不適切な助言をしてしまうことが起きるかも知れません。

(3) どのようなご質問に対して何と答えたのかということが残りません。
 
メモも録音も取っていませんし、こちらの手元には資料もありません。「弁護士に聞いたらこう言われた」とおっしゃった時に、その内容が誤っていたとしても、本当にそう答えたのか、後から検証のしようがありません。

 今すぐ何かを決断しなければならないもめごとというのは、経験上、そう多くはありません。
 多少の時間はかかっても、対面での相談をご利用いただくことを、強くお勧めいたします。

投稿者: 川口法律事務所

TEL:075-251-7266 メールでのお問い合わせ